初ファミリーキャンプ反省会

初ファミリーキャンプを終えて、次回への反省点も含めて自分メモ。

<新たに購入したもの>

  • テント
  • ヘキサタープ
  • 焚き火テーブル×2
  • 森林香(ブヨ怖い)

<自宅から持っていったもの>

  • カセットコンロ(イワタニ)
  • 銀マット×2
  • 折りたたみ椅子(小さいやつ)
  • 食器類
  • 寝袋

寝袋は、購入する時間がなかったため、妻が子どもの頃にキャンプで使用していた、その名も「ANMIN SCHLAF」(MADE IN TAIWAN)。今日まで約25年間、押し入れで眠っていた骨董品級です(笑)。なんて物持ちが良すぎる家族なんだ・・・。

ANMIN

バンドックのチェア

<反省点>

  • サンダル必須!靴で行動しつづけるのは厳しかった。
  • 椅子も必須!ゆっくり座って休める椅子が欲しい。
  • 物を置く台も必須!レジャーシートを敷いているとはいえ、床の上にいろいろ置くのは厳しい。
  • テーブルは狭かった・・・。大きなテーブルを買うか、焚き火テーブルような小さなテーブルを追加しないと食べる場所と料理する場所でいっぱいいっぱい。
  • テントのマットも銀マットだけでは寝た後、体が痛くなる。さらにマットを追加するなどして、やわらかくしないと。
  • 寝袋は夏の間は、ほとんど必要なさそう・・・。結局、マット代わりになってた。
  • キッチン周り(調理器具)は、カセットコンロのままでいいかも。周りは焚き火台やバーベキューテーブル持ちの方が多かったけど、子どもが小さいうちは、大きな火を使うのはやっぱり怖いし、危ない。

結局、恐れていたブヨにも家族全員、誰も刺されなかったし、初キャンプ大成功だったことは間違いないかな。

なにより「キャンプアンドキャビンズ那須高原」が超高規格のキャンプ場だった。キャンプ行くからにはお風呂に入れないと覚悟していたのに、2日間ともお風呂に入れて、湯船+温泉(鹿の湯)につかることもできたし。食材を調達するのが簡単(近くにスーパーがあったり、パン屋さんが多く点在しているので)だったから、火力がほとんどない我が家でも食事に困ることは一切なかった。那須ICから近いというのもポイント高し。

近いうちにまた行きたいなー。キャンプ。

早速、準備をしなければ。

これまでのコメント

  1. kuroazuki より:

    ふむふむ。今回こんな感じの装備だったんですね!
    いや~これからっていいな~。自分だったら次なに買うかな~(笑)

    マットは早めに必要そうですね。快適・収納性重視ならインフレータブルマット、安心なら楽ちんならTHERMARESTのZLiteのようなバッタンバッタンマット。餅家はいつか山でテン泊とか始めそうだしZLiteのようなマットは持ってても悪くないかも。
    寝袋はこれは封筒型かな?寝袋は収納性と機能を考えると結局はマミー型に落ち着きます。LRで連結できるものもあるので調べてみては。
    イス、テーブルは機能もあるけどキャンプスタイルや雰囲気もあるのでどういうのがステキかを知るのが大事かも。

    いや~、楽しそうだなぁ~、いいな~(笑)

  2. 餅ノ介 より:

    >kuroazukiさん

    マットは必要ですよねー。寝た後は体がバキバキになってしまいました。
    寝袋もマミー型で連結できるやつがあるんですね。子どもがまだまだ小さいので、
    寝相の悪さを考えるとマミー型では窮屈かなー、やっぱり封筒型かなーなんて考えてました。

    モンベルのスーパースパイラル バロウバッグ#3、惹かれますねー。

  3. kuroazuki より:

    テスト込みで連投!(笑)

    ちなみに芝生のサイトだとマットが最低限でも平気だったりしますが、そういう場所ばかりじゃないですしね。
    モンベルの#3を持ってる方多いですね。登山用であれば#3がやっぱり一番便利なのかも。#3は一年を通して使えるので便利ですが、晩秋はかなり着込んで寝ないと寒いと思います。
    キャンプ場って突然寝れないほど寒くなるので、ちょっとオーバースペックな寝袋のほうが安心ではあります。
    なので、長くキャンプしてると結局は#1とか#0が欲しくなります。
    夏は基本いらないんで、オートキャンプであれば秋冬用の視点で探したほうが良いかも。

  4. 餅ノ介 より:

    >kuroazukiさん

    ふむー。確かにオーバースペック気味の方が安心感はありそうですねー。ただ、#1や#0になると急激にサイズが大きくなりますね(笑)

CATEGORY